たとえ体はぬくくてもお腹だけ冷えるという方、その原因はお腹の脂肪というよりも内臓が原因かもしれません。
内臓が冷たいとその働きが低下してしまい、食事の消化がうまくいかなかったり血行が悪くなったり。
そうなるとたとえダイエットを頑張ってもあまり効果が出ずお腹に脂肪が増える原因に。
そのため脂肪が冷えの原因という説が生まれたのです。
内臓が冷えるのはストレスや疲労・冷たいものの取りすぎ・冷房などが原因となります。
解消法としてはウォーキングやランニングがおすすめですが、それが難しいならマッサージするだけでも違います。
やさしくお腹にあるリンパをほぐしてやって温めてやりましょう。
内臓が温まると基礎代謝がアップします。
基礎代謝が上がると食事の消化吸収がよくなります。
便秘解消にも効果的です。
そのためダイエット効果も高くなることが期待できるのです。
暑い夏にこそ冷たいものよりも胸肉やささみ・豆腐などの低カロリー高タンパク質の食品を取るといいでしょう。
冷えるお腹には内側からのアプローチもいいですが、外側から温める方法も効果的です。
よく冷えたオフィスなどで過ごす際にはカイロを腰に貼っておくだけでも違います。
なんとなくだるかったり、肩こり腰痛・頭痛があったりというときにも冷えが原因かもしれません。
温めてやることで健康になりましょう。

on1

お腹の柔らかい脂肪の落とし方

食べ物ってとてもおいしいものが多いですよね。
ついつい食べ過ぎて、下腹ポッコリという状況になっていませんか。
お腹周りは、どんなに痩せている人でも柔らかい脂肪がつきやすいものです。
少しポッチャリしているのは可愛らしいですが、膝に負担がかかるので体的には良いものではありません。
その対処法を考えていきましょう。
もとからおなかにある内臓は、骨に守られていないので周りに脂肪を付けて保護されるようにできています。
また年齢と共に代謝が悪くなり、脂肪が燃えにくくなっていきます。
脂肪を燃やすにはまず、ウオーキングや腹筋などの運動がよいです。
最低20分は体を動かさないと脂肪は燃えないという話があるのでご注意ください。
運動のほかには、体温をあげるためのゆったりとした入浴、バランスのとれた適量の食事、十分な睡眠が効果的です。
なかなか普段の生活では難しそうでも、そういう意識は持ってください。
柔らかいお腹に効果的なサプリや漢方薬もでています。
普段の姿勢も関係があります。
しゃんと立って、1日1日をきちんと過ごしましょう。
そうすれば自然と体も気持ち同様にメリハリがついてくるでしょう。
柔らかいお腹周りがすっきりお腹になるように頑張りましょう。

on2

お腹の固い脂肪を落とすにはどうしたらいい?

お腹の脂肪は落ちにくいことで有名です。
お腹は他の部位に比べて動かすことが少ないため、ついついお肉がついてしまいます。
また糖質が多い食事をしているとつきやすい部位であるとも言われます。
落ちにくいお肉の原因は、脂肪が固いことが理由であるとも言えます。
お肉が固い状態だとどれだけ筋トレやストレッチをしてもどうしても落ちにくいという話があります。
そのため、まずは脂肪を落とすことよりも柔らかくすることを考えてみてください。
では、固いお肉を柔らかくするにはどうしたらいいのでしょうか。
その答えは、マッサージが効果的です。
固いお肉は冷たいことが多く、冷えている状態ではどう頑張っても大変です。
そのためまずはお風呂に長時間つかることでお腹のお肉を温めます。
その後に温まったお肉を内側からつぶすようにマッサージをすることで次第に脂肪を柔らかくすることが期待できます。
お肉の表面をつまむのではなく、できるだけ奥に働きかけるようにつまんで揉むことが重要です。
脂肪を柔らかくすることができたら、あとは筋トレやストレッチ、有酸素運動などを続けることでお腹のお肉は落とすことが期待できます。
冬になって露出が減りつい油断しがちですが、意識的にマッサージをしてお肉を落としていくことが大事です。

on2

お腹の脂肪を燃焼させるにはどんな運動が効果的?

腹筋運動が効果的です。
ただしこれだけでは脂肪燃焼の効果は期待できない可能性があります。
お腹の筋肉を部分的に鍛えるトレーニングと有酸素運動を組み合わせて行うことが必要です。
お腹の筋肉は複数の筋肉からなっていて、普段使われていない部位があります。
この筋肉を鍛えることにより代謝を高め、お腹の脂肪の燃焼効果を上げることが期待できます。
普通に寝転がって膝を曲げ上体を起こす、寝転がり足を上げる、状態を左右にひねり腹筋をねじるなどのさまざまなトレーニングを行うことが効果的です。
回数は1セット15~20回で十分です。
そしてこのトレーニングを有酸素運動の後に行うとより効果が期待できます。
軽いジョギングやウォーキングを20分程度行った後に行うのが理想です。
なぜかというとジョギングやウォーキングなどは脂肪のエネルギーを使用するからです。
脂肪がエネルギーを使い不足した状態でトレーニングを行うと使うエネルギーが足りないので脂肪自体が燃焼することが期待できるという考えです。
またお腹のトレーニングは毎日行うのはよくないこともあります。
疲労の蓄積につながるからです。
一日おきに休みを設け、週3~4回行います。
そしてこの運動を生活に取り入れ習慣化し、長く続けることで、お腹を引き締まったきれいな状態にすることが期待できます。

on4

腹筋は効果がある?

ただ腹筋をやるだけではだめです。
お腹の筋肉を効果的にきたえなければいけないという考えがあります。
お腹の筋肉は中心部に腹直筋、その深部に腹横筋、側面に腹斜筋の3つからできています。
一般の腹筋では腹直筋の上部のみに効果があるだけです。
腹直筋の上、下部と腹斜筋のそれぞれを鍛えることが必要です。
普段使っていないお腹の筋肉を鍛えることで代謝を高め、脂肪を燃焼させることが期待できます。
腹直筋の上部は普段よくやる寝転がり膝を曲げて上体を起こします。
腹直筋の下部は寝転がり足を上げ下げします。
おへその辺りの引き締めに効果が期待できます。
腹斜筋は寝転がり手を頭に付け上体を左右にひねります。
この筋肉は普段あまり使わない部位なので、しっかり鍛えると脂肪燃焼の効果がより期待できます。
回数は多くやれば効果が期待できるとは限りません。
筋肉が疲労するからです。
これらの運動を1セット15~20回で十分です。
また毎日ではなく一日おきに行います。
これも筋肉の疲労を防ぐためです。
理想なのは有酸素運動後に行うと効果的です。
20分程度の有酸素運動で脂肪のエネルギーが不足した状態で腹筋運動を行うことで脂肪自体が燃焼することが期待できるからです。
またこの運動を習慣化し続けることも大切です。

on5

こちらのウェブサイトも見てみる?

お腹の脂肪がたくさんつくと、体重も増えていくことになるので、体が重く感じることも。
身軽に活動できるようになれたら嬉しいものです。
脂肪と正面から向き合い、なんとかしたいということであれば、なんらかの手を打つ必要があるかと思います。
すでに様々なやり方について触れていきましたが、特に漢方薬についてはオススメしたい部分ではあったりします。
生漢煎というものを聞いたことがあるでしょうか?もし初耳なら、こちらのサイトが助けになると思います。
「生漢煎の口コミにはどのようなものがある」
http://www.elfinsaddle.com/kutikomi.html
生漢煎は痩せる漢方として人気がありますが、実際に口コミでも高い評価を得ています。
あの宮根誠司さんも肉体改造の際に、生漢煎に含まれる防風通聖散を使用して綺麗な体のラインになった事でも知られているくらい効果的です。